案外高く引き取ってもらえるかも!

東京オリンピックを控えた今こそチャンスです

東京オリンピックを数年後に控えた今、日本の伝統芸能には国内外問わず注目が集まっています。もちろん、”着物”もその例外ではありません。そんな今だからこそ、自宅のタンスに眠っている着物は売却する絶好のタイミングと言えるんですね。
本来、着物という衣類はブランド品や有名作家が手掛けたものでなければ、査定に出しても値段が付かない商品や引き取り不可といったことが多いのです。しかし需要の高まっている今ならば、過去に引き取り拒否された商品などにも値段が付く可能性があるほどになっています。自宅のタンスなどに処分に困っている着物があれば、この機会に1度査定依頼をしてみることをオススメします。予想もしていないような金額の臨時収入が発生するかもしれません。

売却前に気を付けておきたいこと

着物を売却するにあたって、注意しておかねばならないことあります。それは、『業者によって査定額には大きな差がある』ということですね。『金』や『プラチナ』などのある程度の相場が決まっているものとは違い、”査定員の判断”と”買い取った商品を売る力”で査定額には大きな差が生まれてしまいます。つまり、Aという業者では買取不可といわれた商品が、Bという業者では1万円の見積もりを出していることだって珍しくはないんです。そういった損をしないためにも、売却をする際には必ず”相見積もり”をとることを強くオススメします。
相見積もりというのは、複数の業者に見積もり依頼をするということです。そうすることで、こちらに着物に関する専門知識がなくてもより高い値段で売却することが可能になってきますので、実際に売却を依頼する際には是非とも取り入れて欲しい方法です。

© Copyright Kimono Originates. All Rights Reserved.