リフォーム用に捜している人がいる、あなたのその着物!

生地が良ければ仕立て直しが可能

洋服は、いろいろな部品から作られます。胴の部分は前と後ろがありますし、腕もそれぞれ分けて作られます。それらを組み合わせて作ります。1枚の布ではないので、その布を使って別の服を作るのは少し難しいかもしれません。
着物も同じように部品ごとに分かれていて、それを組み合わせて作ります。ただ、洋服のように複雑ではなく、分解をすると仕立て直しが可能です。もし、いい生地の着物を持っているなら、買い取ってもラうとよいでしょう。そのままだと使えなくても、仕立て直せば新しいタイプの着物にリフォームできるかもしれません。業者であれば、どんな生地が良いかを知ってくれているので、一定の価値をつけてくれます。高い値段がつくかもしれません。

着物から別の洋服などに生まれ変わる

日本の民族衣装は着物です。江戸時代などは一般的に着られていましたが、近代化が進むにつれ洋服が浸透し、今ではほとんど着られていません。子供の時の七五三、そして成人式や卒業式用に作ってそのままになっている人も多いでしょう。
将来的に着るならそのまま持ち続けても良いですが、着る可能性が少ないなら買取してもらうとよいでしょう。古くなったから、あまりきれいでないからとそのまま捨てる人がいますが、まずは査定をしてもらいましょう。デザインによっては、新しい洋服などに生まれ変わる可能性があります。着物のデザインは美しいタイプが多いので、それをうまく生かして新しい服ができる場合があります。古くてもデザインが良ければ買い取ってもらえます。

© Copyright Kimono Originates. All Rights Reserved.